1. HOME
  2. スクラップ価格天気予報・新着情報
  3. スクラップ価格天気予報・新着情報詳細

スクラップ価格天気予報・新着情報

スクラップ価格天気予報・新着情報

「米雇用統計鈍化、市場の反応は限定的。」

更新日 2018/08/07

先週末に発表された7月の米雇用統計は市場の事前予想を下回る前月比15万7000人増となり雇用者数の伸びが鈍化。

一方で失業率は再び3%台に低下。6月と5月の雇用者数の伸びは上方修正される結果に。

注目された7月の雇用統計ですが雇用情勢が鈍化している事を確認した事により、利上げに対してはネガティブ要因になった事で

市場はこの結果を却って好意的にみる恰好となり週明けの市場の反応は限定的。

昨晩のNY株式市場は、米中貿易摩擦の懸念より、米企業の好業績を受けた買いが続き3指数そろって続伸。

中国政府は米国の追加課税措置に対抗して、銅精鉱を含む、5,200項目の米製品に対する課税措置を発表したが、

中国の米国依存度は3%程度で実質的な影響度は低いとの見方も出ている。

今週も引き続き米中貿易摩擦の行方が最大の焦点になりそうですね。

 

本日の主要経済指標発表予定リスト

7  28:00 アメリカ:6月消費者信用残高

 

金属種別 市況 解説・概況

国内鉄スクラップ価格は米中貿易摩擦への懸念が拡がる中でも底固い需給を背景に国内価格は安定的に推移。

アルミ

海外アルミ相場は米中貿易摩擦懸念から下落。 国内アルミクラップ価格も先行き不透明となる中で先安気配。

ステンレス

ステンレススクラップ価格は海外ニッケル相場下落を受けジリ安。

銅・真鍮

米中貿易摩擦懸念から海外銅相場は急落し、足元は6000ドル台前半で推移。

足元の国内銅建値は海外相場反発を受け先週末73万円に下落。

ニッケル

海外ニッケル相場はLME在庫消化が買い支え材料となり、足元回復傾向。14000ドル台回復も時間の問題か。

コバルト

安定した電池原料需要・航空材料用途等を受け海外コバルト相場は依然として高値圏で推移するものの、足元は投機筋の一時的な手仕舞い売りで下落。正念場は秋口以降の値動き。

銀・プラチナ

米利上げ観測の強まりと為替市場でのドル高が弱材料となり、貴金属相場は投機的な売りが加速し全面安。
足元の金相場は1210ドル台で推移。

天気マークの説明

  • 強基調・上昇
    1.強基調
    上昇
  • 横ばい・もみ合い
    2.横ばい
    もみ合い
  • 弱基調・下降
    3.弱基調
    下降
  • 急騰・急上昇
    4.急騰
    急上昇
  • 急落・急下落
    5.急落
    急下落
  • ジリ高(市況:好調)
    6.ジリ高
    (市況:好調)
  • ジリ安(市況:好調)
    7.ジリ安
    (市況:好調)
  • ジリ高(市況:低調)
    8.ジリ高
    (市況:低調)
  • ジリ安(市況:低調)
    9.ジリ安
    (市況:低調)

一覧に戻る

PAGETOP