1. HOME
  2. スクラップ価格天気予報・新着情報
  3. スクラップ価格天気予報・新着情報詳細

スクラップ価格天気予報・新着情報

スクラップ価格天気予報・新着情報

「FOMC議事要旨はノンサプライズ。休場明けのNY市場はやや落ち着きを取り戻す。」

更新日 2018/07/06

昨晩発表されたアメリカ6月ADP雇用統計は市場の事前予想(前月比△19.0万人)を下回る△17.7万人という結果に。

また前回FOMC議事要旨では米中をはじめとする貿易摩擦がマーケットにとって大きなリスク要因であるものの、

緩やかな利上げは継続するとの内容が示された事を受け市場はノンサプライズと解釈。

引き続き対中制裁関税発動を控える中で警戒感が強まっているものの、米欧間で自動車関税について進展があった事等が好感され

独立記念日休場明けのNY株式市場は主要3指数共に反発。

昨晩の金属相場は米中貿易摩擦への懸念から非鉄相場が引き続き売られ昨晩も、銅・ニッケルをはじめ全般的に下落。

一方の貴金属相場はADP雇用統計の内容が振るわなかった事、前回FOMCで利上げペースに変更が無かった事等を背景に買戻しの流れが続き、

金相場は引き続き1250ドル台をキープ、白金族も自動車向け実需の弱まりで下げたプラチナを除き昨晩は反発。

 

≪本日の主要経済指標発表予定リスト≫

6日  21:00 アメリカ:6月雇用統計

6日  23:00 アメリカ:5月貿易収支

金属種別 市況 解説・概況

国内鉄スクラップ価格は鉄鉱石価格上昇や輸出向け鉄スクラップの上昇を受けジリ高気配。
中国での鉄鋼生産削減見通しも強材料となる中、国内価格も強含みの気配強まる。

アルミ

海外アルミ相場は米中貿易摩擦懸念から下落。 国内アルミクラップ価格も先行き不透明となる中で先安気配。

ステンレス

ステンレススクラップ価格は海外ニッケル相場下落を受けジリ安気配。

銅・真鍮

米中貿易摩擦懸念から引き続き海外銅相場は続落し6700ドル割れ。

7月の国内銅建値は海外相場下落を受け78万円据え置きでスタート。

ニッケル

海外ニッケル相場はLME在庫の急減が買い材料となるものの、米中貿易戦争懸念から昨晩は15000ドルの大台割れ。

コバルト

安定した電池原料需要・航空材料用途等を受け海外コバルト相場は堅調に推移。 国内価格もやや円安トレンドが強まる中でジリ高の様相。

銀・プラチナ

米長期金利上昇と為替市場でのドル高が弱材料となり、貴金属相場は軟調な値動き。足元の金相場は1250ドル台で推移。

天気マークの説明

  • 強基調・上昇
    1.強基調
    上昇
  • 横ばい・もみ合い
    2.横ばい
    もみ合い
  • 弱基調・下降
    3.弱基調
    下降
  • 急騰・急上昇
    4.急騰
    急上昇
  • 急落・急下落
    5.急落
    急下落
  • ジリ高(市況:好調)
    6.ジリ高
    (市況:好調)
  • ジリ安(市況:好調)
    7.ジリ安
    (市況:好調)
  • ジリ高(市況:低調)
    8.ジリ高
    (市況:低調)
  • ジリ安(市況:低調)
    9.ジリ安
    (市況:低調)

一覧に戻る

PAGETOP