1. HOME
  2. スクラップ価格天気予報・新着情報
  3. スクラップ価格天気予報・新着情報詳細

スクラップ価格天気予報・新着情報

スクラップ価格天気予報・新着情報

超硬合金が使われている製品とは?金属スクラップ買取業者が解説!

更新日 2018/07/10

「購入したドリルのパッケージに書いてある超硬とはどういう意味なのか?」
「超硬合金ってどんな製品に使われているの?」
超硬合金とは、その名の通り非常に高度の高い合金で、様々な工具に使用されています。

今回は『超硬合金が使われている製品』について解説します。

 

■超硬とは
超硬(超硬合金)は、硬度の高い金属炭化物の粉末を数種類混ぜ、融点以下の温度で加熱して作る合金のことです。
以上の工程により、数種類の金属粉末が一緒に固まり合金ができます。

 

■超硬合金の特徴
超硬合金の特徴は、まず硬度が高いこと、次に高温時の硬度低下率が低いことです。
また、曲げに対する強度は弱いという特徴があります。

 

■超硬合金の種類と使用用途

 

1.  切削(せっさく)工具
超硬合金は切削工具に使用されています。
切削工具とは、金属などの材料を目的の形状に加工する際に切断する、もしくは削るための工具です。

超硬合金はその硬度と、摩擦熱による高温時にも硬度が落ちない性質から、ガンドリルや研磨級インサートなどの切削工具に使用されています。

 

2.  建設工具
超硬合金が使用される建設工具には、ドリフティング用工具・ベンチドリリング(卓上穴あけ)用工具・ドリル用ビットなどがあります。
ビットにも、ダウンザホールビット・メックスビット・ロックビット・メックスビットなど数多くの種類があります。

 

3.  耐摩耗工具
超硬合金が使用される耐摩耗工具は、一般的に金属などの材料の圧縮・圧延・コーティングを目的とした工具です。
具体的には、以下のような工具になります。

 

・クランプロールやソリッドロールなど金属材料を特定の寸法に変形させるロール工具

・液晶パネル、光学フィルム、リチウムイオン電池などのコーティング過程で使用されるスロットダイ

・金属パイプの内径と外径の長さを調節する引き抜き工具

・絆創膏や紙おむつの型抜きに使われるロータリーダイ

・ポリエチレン製造時にピストンのような役割を果たすプランジャー

 

今回ご紹介した製品以外にも自動車部品などにも超硬合金は使用されています。

 

以上が『超硬合金が使われている製品』についての解説でした。

国内リサイクルが重要視されているタングステンなど、レアメタルを含む超硬合金スクラップは業者に回収してもらいましょう。

 

株式会社SRCは店舗のある大阪神戸だけでなく、全国から超硬合金スクラップ・金属工具を宅配買取しています。
金属の回収や業務コスト改善に興味のある方はぜひ株式会社SRCにご連絡ください。

金属種別 市況 解説・概況

天気マークの説明

  • 強基調・上昇
    1.強基調
    上昇
  • 横ばい・もみ合い
    2.横ばい
    もみ合い
  • 弱基調・下降
    3.弱基調
    下降
  • 急騰・急上昇
    4.急騰
    急上昇
  • 急落・急下落
    5.急落
    急下落
  • ジリ高(市況:好調)
    6.ジリ高
    (市況:好調)
  • ジリ安(市況:好調)
    7.ジリ安
    (市況:好調)
  • ジリ高(市況:低調)
    8.ジリ高
    (市況:低調)
  • ジリ安(市況:低調)
    9.ジリ安
    (市況:低調)

一覧に戻る

PAGETOP