1. トップページ
  2. スクラップ価格天気予報・新着情報
  3. 金でアレルギーになるの?

スクラップ価格天気予報・新着情報

スクラップ価格天気予報・新着情報

金でアレルギーになるの?

更新日 2019/05/20

「仕事で金属を多く扱うので、金属アレルギーになってしまわないか不安!」
「金で金属アレルギーになってしまうのか気になる!」
「金属のアレルギーになるとどんな症状が出るのか知りたい!」
このようなお悩みをお持ちの方に、金属アレルギーの症状、原因、対処法をご紹介します。

□症状

金属アレルギーの症状は人によって違います。
そこで、具体的な症状をご紹介します。
アレルギーは、主に金属が付着する肌に炎症が出ます。
炎症は、赤みや痛み、熱を感じることがあります。
また、肌に湿疹やかゆみがでてくる場合もあります。

□原因

金属のアレルギーになるのは、仕事で金属に多く接していたり、装飾品として身に付けていたりする方が多いです。
では、なぜ金属が肌に触れてしまうとアレルギーになるのか。
それは、金属が溶けて体の中に入り込んでしまうと発生します。
より詳しくご説明しますと、金属の成分が肌に付着するために、炎症が起るというわけではなく、水分や汗により金属が溶けて、その溶けだした金属が体の中に入ります。
入ってしまうと、免疫細胞が異物だと判断し炎症を起こします。
水分や汗で溶けてしまう金属の量はわずかですが、それを積み重ね過剰摂取になってしまうと、金属アレルギーが発症します。

□対処法

金属アレルギーは炎症が起きると完治が難しいといわれています。
しかし、仕事で金属を扱わなくてはならない方やオシャレのために、装飾品として身に付けたい方は多いと思います。
そこで、アレルギーにならないようにするためと、もしなってしまった時にも使える対処法をご紹介します。
まず、医療機関でアレルギー検査を受けるのがおすすめです。
検査を受けると、自分が何のアレルギー体質なのか、なる可能性が高いのかを知ることができます。
事前に自身のアレルギーについて知識を持つと、症状のもとになった金属を知ることができます。
次に、「金属に触れない」です。
アレルギーは金属に接すると起ります。
そのため、必要以上に接しないようにすると、過剰摂取や症状の悪化の予防ができます。

□まとめ

金属アレルギーの症状、原因、対処法についてご紹介しました。
装飾品で使用される頻度の高い金は炎症が発生しやすい金属の一つのため、接触のしすぎには注意が必要です。
また、症状が出てしまった場合は、皮膚科への受診をおすすめします。
当店は、鉄や非鉄スクラップの回収と高価買取を行っています。
スクラップ買取でお困りの方は、ぜひ一度当店にご相談ください。

金属種別 市況 解説・概況

天気マークの説明

  • 強基調・上昇
    1.強基調
    上昇
  • 横ばい・もみ合い
    2.横ばい
    もみ合い
  • 弱基調・下降
    3.弱基調
    下降
  • 急騰・急上昇
    4.急騰
    急上昇
  • 急落・急下落
    5.急落
    急下落
  • ジリ高(市況:好調)
    6.ジリ高
    (市況:好調)
  • ジリ安(市況:好調)
    7.ジリ安
    (市況:好調)
  • ジリ高(市況:低調)
    8.ジリ高
    (市況:低調)
  • ジリ安(市況:低調)
    9.ジリ安
    (市況:低調)

一覧に戻る

PAGETOP