1. トップページ
  2. スクラップ価格天気予報・新着情報
  3. 真鍮にはどんな種類があるの?

スクラップ価格天気予報・新着情報

スクラップ価格天気予報・新着情報

真鍮にはどんな種類があるの?

更新日 2019/06/20

「真鍮にはどんな種類があるのか知りたい!」
「スクラップとして出す真鍮に興味がある!」
「真鍮についてもっと詳しく知りたい!」
このような方に、真鍮の種類とその特徴をご紹介します!

□真鍮とは

真鍮とは、銅と亜鉛の合金で、黄銅とも呼ばれています。
銅だけでも十分に優れた特徴がありますが、そこに亜鉛を加えることにより、より強度を増すことができます。
また、添加元素を加えることによりさらに優れた特徴を持ち合わせています。
真鍮は亜鉛の含有率で種類わけがされています。
真鍮の種類と種類ごとの特徴をご紹介します。

*一般的な真鍮

真鍮は亜鉛の含有率が20パーセントのものを指し、一般的な真鍮の亜鉛含有率は35パーセントです。
被削性に優れているため、精密機器によく使われます。
また、5円玉にも使用されています。

*丹銅

丹銅は、レッドブラス、ゴールドブラスとも呼ばれ、薄いオレンジ色をしています。
亜鉛の含有量は、4パーセントから22パーセントで、真鍮の中でも光沢がきれいなことが特徴で、トランペットなどの金管楽器に使われることが多いです。

*七三黄銅

七三黄銅は、セパ、イエローブラスとも呼ばれています。
亜鉛の含有率が、29パーセントから36パーセントです。
七三黄銅は形状が容易にすることができることを表す、加工性と転造性に優れています。
そのため、丹銅と同様に金管楽器に使われることが多いです。
また、丹銅よりも比重が軽いため、演奏者に優しい合金となっています。
さらに、丹銅よりも硬度が低いため、より複雑な形状のカメラや配線に使われています。

*65/35黄銅

65/35黄銅は、亜鉛の含有率が33から38パーセントです。
めっき性が良いことが特徴で、主に機械の部品や洋服などに使われる、スナップボタンに使用される合金です。

*コーペル

コーペルは通常コーペル屑と呼ばれ、カットや打ち抜きを行った屑を指します。
亜鉛の含有量は約40パーセントです。
特徴として、金と同様の輝きを放ちます。

*高力黄銅

高力黄銅とは、亜鉛の含有率が約40パーセントの真鍮にアルミニウムや鉄などを添加元素として加えた真鍮です。
添加元素により強度や耐食性が高く、主に船舶の部品として使われています。

□まとめ

真鍮の種類と特徴についてご紹介しました。
真鍮は亜鉛の含有率によって、種類や特徴が大きく異なります。
真鍮は、世界で最も使用されている金属の一つで、私たちの生活の様々な場所で使用されています。
当店は、鉄、非鉄スクラップの回収と高価買取を行っています。
スクラップ買取でお悩みの方は、是非一度当店にご相談ください。

金属種別 市況 解説・概況

天気マークの説明

  • 強基調・上昇
    1.強基調
    上昇
  • 横ばい・もみ合い
    2.横ばい
    もみ合い
  • 弱基調・下降
    3.弱基調
    下降
  • 急騰・急上昇
    4.急騰
    急上昇
  • 急落・急下落
    5.急落
    急下落
  • ジリ高(市況:好調)
    6.ジリ高
    (市況:好調)
  • ジリ安(市況:好調)
    7.ジリ安
    (市況:好調)
  • ジリ高(市況:低調)
    8.ジリ高
    (市況:低調)
  • ジリ安(市況:低調)
    9.ジリ安
    (市況:低調)

一覧に戻る

PAGETOP